妊娠中に注意すべきこと

心配している女性

妊娠中の注意事項として様々なことがあります。
妊娠中はお腹に一人の命を宿して育ててるので、注意が必要です。

まず、妊娠が分かった段階から気をつけないとならないことがあります。
妊娠中は禁止事項やしないほうがベターなことがあります。

まず食生活ですが、飲酒タバコは止めて、糖分脂肪塩分を控えた食生活にすることです。
妊娠中は普段と体が違います。
赤ちゃんを育ててる分、自身の体の内臓に負荷がかかってるのです。
普段は大したことない塩分や糖分も、むくみが出てしまったり血糖値が上がってしまいやすくなります。

体重増加も気をつけなければなりません。
普段と同じ物を食べても妊娠中は簡単に体重が増えてしまうのです。
それは、妊娠中は赤ちゃんがお腹にいることをかばい動きがゆっくりになるのと、特に後期は赤ちゃんの重さでなかなか重くて身動きが取れなくなります。
10kgとか簡単に案外増えてしまいます。

また、運動もお腹をかばいながらゆっくりした動作にします。
安定期に入ったら、医師の指示に従ってウォーキングや妊婦さんでも出来る体操やヨガをやるのもいいです。
妊娠初期や中期までは眠くなることも多いですが、逆に後期になると大きなお腹が血管を圧迫して寝苦しくなることもあります。
シムスの体位といって体を横にして片足を少し曲げて抱き枕などに身をゆだねると寝やすくなります。
後期はいつお産が始まるか分からないので、眠れるうちに寝るといいです。

関連記事
外用薬として病院で処方されるエチニルエストラジオール 2020年01月11日

エチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種であり、男性ホルモンの働きを抑制することでホルモンバランスを均等に保つ働きをします。ホルモンバランスの乱れが発症の大きな要因となることから更年期障害の治療薬として病院で処方されることも多いほか、男性ホルモンの濃度を下げることでがん細胞の増殖を抑える働きがあ...

エチニルエストラジオールの副作用で吐き気がする場合も 2019年12月13日

エチニルエストラジオールは不妊治療や更年期障害、生理の周期のコントロール、避妊などに用いられる成分であり、女性ホルモンの一種の卵胞ホルモンです。この女性ホルモンは、バランスが崩れる事によって様々な症状をもたらす事でも知られていて、比較的軽い副作用としては吐き気や頭痛、めまいなどがあります。例えば、経...

エチニルエストラジオールの作用と産後の食事について 2019年11月14日

エチニルエストラジオールは乳癌や前立腺がんに効果のある薬として処方されていたのですが、最近では新しい薬が数多く開発されているので乳癌の薬として処方されることが少なくなっています。エチニルエストラジオールは進行した前立腺がんの転移した部分の痛みを軽減する効果が強いので、腫瘍による骨の痛みなどを軽減する...

赤ちゃんが欲しいと思ったら排卵日に決める 2019年09月29日

赤ちゃんが欲しいと思ったら、まずは基礎体温を測り自分のリズムを把握することから始めます。そうすることにより、排卵日がわかるので、タイミングがとりやすくなります。基礎体温は、毎朝決まった時間に、安静した状態で測ります。時間帯で一番適しているのは、朝目覚めた時です。まだ身体の内部が休んでいる状態で、体温...

排卵検査薬で予測してみよう 2019年09月14日

排卵検査薬とは尿中の黄体形成ホルモン濃度の上昇をとらえる検査薬で上昇が始まってから24時間から36時間以内に排卵がおこるという体のしくみを利用して排卵検査薬で予測するものです。月経の周期とホルモンの関係についてですが、卵胞から出される卵胞ホルモンが上昇すると黄体形成ホルモンが上昇します。このホルモン...