• ホーム
  • 外用薬として病院で処方されるエチニルエストラジオール

外用薬として病院で処方されるエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種であり、男性ホルモンの働きを抑制することでホルモンバランスを均等に保つ働きをします。
ホルモンバランスの乱れが発症の大きな要因となることから更年期障害の治療薬として病院で処方されることも多いほか、男性ホルモンの濃度を下げることでがん細胞の増殖を抑える働きがあることから、前立腺がんなどの腫瘍の悪化を防ぎ、病状の進行を穏やかにします。
また性腺刺激ホルモンの分泌が強く影響する乳がんに対しても、エチニルエストラジオールの効果によってホルモン分泌が抑えられ、性腺刺激ホルモンの濃度を下げることができます。
このため抗がん剤としても病院の治療現場で広く使用されています。
病院で様々な病状の治療に使用されるエチニルエストラジオールですが、化粧品や外用薬にも使用されています。
化粧品に配合される場合は、女性ホルモンを経皮摂取することにより保湿効果が得られ、ハリのある健康な肌へと導きます。

外用薬としての利用には育毛効果が注目されています。
これはエチニルエストラジオールの男性ホルモンを抑制する働きが、男性ホルモンの強い影響によって起こる男性型脱毛症の改善に効果を発揮すると考えられるからです。
男性型脱毛症の専門外来でも外用薬として処方され、他の発毛促進剤と併用して使用します。
男性型脱毛症は髪が細く短くしか生えなくなり、最後には極小の産毛しか生えてこなくなる症状です。
特に男性ホルモンの影響が強く出やすい髪の生え際に集中して使用することで抜け毛を防ぎ、発毛を促進させます。
エチニルエストラジオールの副作用としては、血栓症のリスクがあるため飲み薬として服用する場合は医師の診断が必要ですが、外用薬や化粧品の場合は配合量が少ないのでリスクはほぼ無いと見られています。

関連記事
生理痛を改善する作用があるエチニルエストラジオール 2020年03月12日

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二種類のホルモンがあります。これらのうち、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンに当たります。エチニルエストラジオールは、黄体ホルモンであるノルエチステロンとの配合錠として、生理痛の改善を目的に処方されます。ノルエチス...

高品質なエチニルエストラジオールの効能と副作用のしびれ 2020年02月10日

エチニルエストラジオールは前立腺がんや乳がんを治療するための薬です。一般的に前立腺がんは、男性ホルモンの分泌量が多くなることによって大きくなります。この薬を飲むことによって、男性ホルモンの分泌量を減らし、がん細胞の増殖を抑えることができます。特に、進行してしまった前立腺がんや転移したがんにかなり有効...

妊娠中に注意すべきこと 2019年10月25日

妊娠中の注意事項として様々なことがあります。妊娠中はお腹に一人の命を宿して育ててるので、注意が必要です。まず、妊娠が分かった段階から気をつけないとならないことがあります。妊娠中は禁止事項やしないほうがベターなことがあります。まず食生活ですが、飲酒タバコは止めて、糖分脂肪塩分を控えた食生活にすることで...

エチニルエストラジオールの副作用で吐き気がする場合も 2019年12月13日

エチニルエストラジオールは不妊治療や更年期障害、生理の周期のコントロール、避妊などに用いられる成分であり、女性ホルモンの一種の卵胞ホルモンです。この女性ホルモンは、バランスが崩れる事によって様々な症状をもたらす事でも知られていて、比較的軽い副作用としては吐き気や頭痛、めまいなどがあります。例えば、経...

エチニルエストラジオールの作用と産後の食事について 2019年11月14日

エチニルエストラジオールは乳癌や前立腺がんに効果のある薬として処方されていたのですが、最近では新しい薬が数多く開発されているので乳癌の薬として処方されることが少なくなっています。エチニルエストラジオールは進行した前立腺がんの転移した部分の痛みを軽減する効果が強いので、腫瘍による骨の痛みなどを軽減する...