• ホーム
  • エチニルエストラジオールの副作用で吐き気がする場合も

エチニルエストラジオールの副作用で吐き気がする場合も

エチニルエストラジオールは不妊治療や更年期障害、生理の周期のコントロール、避妊などに用いられる成分であり、女性ホルモンの一種の卵胞ホルモンです。
この女性ホルモンは、バランスが崩れる事によって様々な症状をもたらす事でも知られていて、比較的軽い副作用としては吐き気や頭痛、めまいなどがあります。
例えば、経口避妊薬には卵胞ホルモンとして、このエチニルエストラジオールが含まれていますが、飲み始めの初期の症状として吐き気などの症状を訴える人も多いです。
ただ、そうした症状はホルモンバランスが変わった事による一時的なものである事が多く、しばらく服用を続けていれば次第に症状が出なくなる事が多いです。
同じ量を服用するのでも、人によっても副作用が出るかどうかは異なり、なんともない人も中にはいます。

エチニルエストラジオールを服用する事によって起きる可能性がある副作用として危険なものは血栓症があります。
そのために、経口避妊薬は誰でも服用する事が出来るという訳では無く、過去に血栓症を起こしたことがある人や血栓症を起こす可能性が高い、タバコを大量に吸う人や肥満である人などは注意する必要があります。
通常は医師に診断してもらってから処方してもらうために、用量や用法を守って使っている分には吐き気などの比較的軽い副作用の症状に悩まされる事はありますが、そこまで神経質になる必要はないです。
ただ、個人輸入でネット通販の経口避妊薬を購入する場合など、エチニルエストラジオールが含まれている製品を購入する際には自己判断となりますので、副作用の事をきちんと理解した上で利用するようにしなければ命に関わる事もあるので注意しなければならないです。

関連記事
外用薬として病院で処方されるエチニルエストラジオール 2020年01月11日

エチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種であり、男性ホルモンの働きを抑制することでホルモンバランスを均等に保つ働きをします。ホルモンバランスの乱れが発症の大きな要因となることから更年期障害の治療薬として病院で処方されることも多いほか、男性ホルモンの濃度を下げることでがん細胞の増殖を抑える働きがあ...

妊娠中に注意すべきこと 2019年10月25日

妊娠中の注意事項として様々なことがあります。妊娠中はお腹に一人の命を宿して育ててるので、注意が必要です。まず、妊娠が分かった段階から気をつけないとならないことがあります。妊娠中は禁止事項やしないほうがベターなことがあります。まず食生活ですが、飲酒タバコは止めて、糖分脂肪塩分を控えた食生活にすることで...

エチニルエストラジオールの作用と産後の食事について 2019年11月14日

エチニルエストラジオールは乳癌や前立腺がんに効果のある薬として処方されていたのですが、最近では新しい薬が数多く開発されているので乳癌の薬として処方されることが少なくなっています。エチニルエストラジオールは進行した前立腺がんの転移した部分の痛みを軽減する効果が強いので、腫瘍による骨の痛みなどを軽減する...

赤ちゃんが欲しいと思ったら排卵日に決める 2019年09月29日

赤ちゃんが欲しいと思ったら、まずは基礎体温を測り自分のリズムを把握することから始めます。そうすることにより、排卵日がわかるので、タイミングがとりやすくなります。基礎体温は、毎朝決まった時間に、安静した状態で測ります。時間帯で一番適しているのは、朝目覚めた時です。まだ身体の内部が休んでいる状態で、体温...

排卵検査薬で予測してみよう 2019年09月14日

排卵検査薬とは尿中の黄体形成ホルモン濃度の上昇をとらえる検査薬で上昇が始まってから24時間から36時間以内に排卵がおこるという体のしくみを利用して排卵検査薬で予測するものです。月経の周期とホルモンの関係についてですが、卵胞から出される卵胞ホルモンが上昇すると黄体形成ホルモンが上昇します。このホルモン...